施設案内

施設案内
施設案内
平成30年12月開設予定
場所:兵庫県神戸市西区
入所定員:100
1ユニット定員10名×10ユニット

ときわ病院の理念「仁愛・至誠・奉仕」の基づき、利用者様に穏やかな生活を送っていただけるようにお世話させていただきます。

医師・看護師・機能訓練士が常勤し、利用者様の健康管理・日常生活動作の機能維持に努め、その人らしく活き活きと生活していただけるように援助させていただきます。

施設のイメージ動画です。

 

見守りシステムについて

特別養護老人ホームときわは、働く人も、入居する人も、笑顔になれるシステムを導入いたします。
システムとは、介護業界の未来を作る「IoT」「ICT」の最新技術を使ったITサポートリンクシステム「EGAO link」
ご入居者の生活の状態を細かくチェック出来るITサポートリンクシステム「EGAO link」を取り入れております。

・介護の現場で1番時間を取られているのは記録を取る作業!
今まで介護の現場では何十人ものご入居者の情報を手書きやパソコンで記録、報告することが多く、それだけで1日6~7時間はかかってしまっている計算になります。
さらに、こうした作業は当然介護の作業とは同時には出来ません。
その分、時間外作業になる可能性があります。
さらに、せっかく苦労して書いた情報も、上司が情報を確認するまでに、随分なタイムラグが生まれてしまいます。

・介護の現場に最先端のITを取り入れることにより、皆を笑顔に!
ご入居者の貴重な時間や働く人の時間を浪費しないように、最新技術を使ったITサポートリンクシステム「EGAO link」を導入することになりました。働きやすい環境作りや、質の良いサービスを提供いたします。

職員と入居者の笑顔を作るEGAO link

「EGAO link」とは

1:ご入居者の情報の記録がスマホで、簡単に入力出来る

2:記録された情報は、リアルタイムに、しかもスタッフ全員で共有できる

3:ベッドセンサーがスマホに連動して、ご入居者が起きているのか寝ているのか
リアルタイムに把握できる。また1分間の呼吸数もわかる。

4:こうしたセンサーで異常やナースコールが検知されると、スマホにアラート。スマホで応答もできる。

5:こうした状況もすべて自動で記録され、その情報をスタッフで共有できる

EGAOlinkの図

「EGAO link」導入の利点

EGAO linkでは、介護の現場における様々な業務が削減・軽減する事ができます。
例えば、ご入居者の様子を残す『介護記録』においては、スマートフォンで即座に入力する事ができ、データベース化も可能。様々な用紙に書き写すような手間もかかりません。
また、ご入居者の安否確認においては、今までは床に敷いたセンサーマットで、ご入居者の様子を確認していましたがEGAOlinkではベッド上の動きや呼吸数を捉えられる事により、さらに早い段階でのご入居者の睡眠状態や様子を把握する事ができるようになり、スタッフが業務を行う上で様々な不安やストレスが大幅に軽減されています。
EGAO linkの導入によりご入居者と関わる時間が増え、ご入居者にとってもスタッフと話せる時間が増えて、現場で多くの「笑顔」が増えると考えております。

採用エントリーフォーム